« 久しぶりの都夏 | Main | 「負け犬の遠吠え」 »

June 19, 2005

クローサー&負け犬

「クローサー」は、評判どおり、セリフばっかりの映画でした。
濃かった...。

期せずして前線を遠のいてから早数年、
恋愛にまつわる諸々の感情なんて
すーーーーっかり忘れていたのですが、
(それ問題^^;)
延々と続く痴話喧嘩を見ていたら、
ぼんやりと昔の感覚を思い出しました。

ジュード ロウ演じる新聞記者と
だれだかが演じる医者しか主要な男子はいないのですが、
これがそろいもそろって、なんつーかもう、
絶句するほどダメダメ(笑)。

特に新聞記者のほうは、
見た目が綺麗なだけに
ダメっぷりが際立っていました。
ある意味最高かも。ジュード ロウ、おぬしやるな。

あー、もう少しこの映画について語ることがあるような...。
でも何が言いたいのか自分でもよくわからない...。くー。
もう一度、ワインでも飲みながら DVD で観たいですね。

で、その帰りに古本屋に寄ったらば、

「負け犬の遠吠え」

が半額で売っているではありませんか。
もともと定価で買うつもりはなくて
ずっと古本屋で探していたのです。
まだ読み始めたばかりなので、
この感想は後日別途投稿予定。

|

« 久しぶりの都夏 | Main | 「負け犬の遠吠え」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72375/4612652

Listed below are links to weblogs that reference クローサー&負け犬:

« 久しぶりの都夏 | Main | 「負け犬の遠吠え」 »