« May 2005 | Main

June 26, 2005

しつこいようですが

もぐおぐは Epicurianog に移動しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ものは言いよう

来週の土曜は、高校時代の友人 N の結婚式。
昨日、二ヶ月ぶりに美容院に行き、結婚式振袖出動に向けて髪を黒っぽくしてきました。
それまでは気合の足りないヤンキーのような頭でしたが、これでなんとか大和魂、でなく大和撫子の頭になれたかも。

気心の知れた美容師のオッサンに近況報告などしつつ(髪を切ってもらっている間は雑誌が読めないくらい話が弾む弾む)、ちゃくちゃくと痛んだ毛先が切り落とされていくのはいい気持ちです。
また、昨日はシャンプーの子がとても上手でした。
シャンプー台で半分眠りながら「シャンプーは男に限る...」と性差別的考えをめぐらせておりました。

で、カラーを入れる段になって、美容師サンがカラー担当の子にいろいろと指示を出していたのですが、私の頭のとある部分を指して、

「ここちょっとナーバスになってるからね」

と言っていたのが印象的でした。

ものは言いようですね。
どんな部分なのかはご想像にお任せします^^。

## しかし、なんの躊躇もなく「カラー担当の」と言っている自分を見るにつけ、大人になったなぁと実感します。
変な話かもしれませんが、美容院は、ほかのどんな場所より、自分がオトナになったなぁと感じる場所。初めて美容院に行き始めた中学生のころは、美容院にいるのはカッコいいお兄さん&お姉さんばかりで、自分のカッコ悪い格好がとても恥ずかしく、いつもドギマギしていた気がします。今も、美容院にいるのはカッコいい男の子&女の子ばかりですが、自分のカッコ悪い格好についてドギマギするなんてことはなくなりました^^;。図太くなったものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

負け犬 再考

負け犬話をした場所に同席していた友人 R&H から、立て続けに

「やー、面白かったから気にすんなよー」

というメールをいただき、ありがたいやら恥ずかしいやら。
RもHも、気心の知れたメンツと思って話していたので、一安心。
ありがとう!

で、それほど気心の知れてない人には、こういう話はしないことにしよう、と改めて心に誓いました。
読んだ本の話ってだれかれかまわずしたくなっちゃうもんで...。
別の本を読んで薄めればいいのかも。

そうそう、あの後いろいろまた、私としては何が一番しっくり来ないのかを考えていました(考えすぎ)。
やはり、一番の違和感は出産・育児・専業主婦に対する考え方かもしれません。

おめでたいという批判は承知のうえで告白すると、なんかこう、彼女が一生懸命戦っている、繁殖ファシストとでもいいましょうか、負け犬に理解のない人たちに会ったことがないのですね。

世間から見たら「負け犬10か条」に当てはまりまくりの "真性" 負け犬の私でも、これまで自分が負け犬だなんてことをちょっとしか^^;考えなくて済んでいる、というのは、実に幸せなことなのかもしれません。

私が日々ノンキに生きている一方で、来る日も来る日も職場やら友人やら親戚やらから「負け犬がデカイ面して歩いてんじゃねーよ!」的仕打ちを受けている人もたくさんいるのでしょう。・・・・・・いるのかなぁホントに・・・・・・。

自分では、結婚も妊娠も出産(子供は3人以上)もしたいし、仕事もバリバリ続けて「なんとかかんとかエグゼグティブ」みたいな肩書きになりたいし(意味不明)。
内心いろいろと抱えつつ、涼しい顔でいつもニコニコして、自分をネタに冗談を言える人でありたいし。

なかなか、サカジュンさんのように、自分だけのために突き抜けるのは難しいだろうなぁ。。。
あまり突き抜けたいとも思わないけど。。。。

しかし、こんな風に内省したのは久しぶり、自分の立つ位置がなかなか定まらない30女子としては、やっぱり一読の価値ありですな。しかし頭の中占領されたなーー。どんだけ時間使ってんだ自分(笑)。

しかし、こうやって内面的なことを書くと、どこからどういう反応が来るかわからないので、ちょっとビビっていたりします。ここに書いた内容が、誰かの心を深く傷つけたりすることがないよう願うばかりです。
細心の注意を払っているつもりですが、オグの細心は人に比べると太いらしいので、勝手なお願いですが、そのあたり気が付いた方はビシッとご指摘ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

六本木 チュングエンダイニング

Epicurianog にアップしました。
ココログの容量が少しやばめになってきたため、徐々に移行していく予定。
めんどくさいのでこちらもそのまま残します。

えぴきゅりあん おぐ

でも

えぴきゅりあのぐ

でも

ブロガーのほうのもぐおぐ

でもお好きなようにお読みください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2005

ベトナム バッチェラー ディナー

結婚式を再来週に控えた N 嬢と、バッチェラー ディナー(?)。
仕事で捕まり、1時間以上遅刻......。
やはり納品日に会う約束をするのはやめようと固く心に誓った^^;。

この模様は 第三のブログ Epicurianog にて。。。と思ったけど明日にしよう。

ベトナムワインを二人で1本あけていい気持ちである。
このワイン、錆と皮とコルクの味がした。
って、ほんとに美味しいのか?ビミョー。

再来週はお嫁サンバの彼女、今年の秋から弁護士になることも決まっている。
昔からいろんなこと知ってる友人としては、なんだか知らないけど勝手に感無量だ。
まるで親族代表みたいな気分である。

ううう、眠い。

いま、この下に数十行くどい話を書いたのだが、深夜のラブレターと同じく明日朝のチェックが必要そうなのでとりあえず削除。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2005

ちょっとしゃべりすぎた

今日は H 宅へお邪魔しました。
駅まで迎えに来てもらってダラダラと茶を飲み、
家に行って双子と遊び、
ビールなどいただきつつご飯を一緒に食べ、9時ごろ帰宅。

新生児室であんなに小さかった双子が、
すっくと立ち上がってスタスタ(ヨタヨタ?)歩いているのを
見るのは不思議なものです。

今日は不覚にもカメラを忘れ、おばちゃんとしての役割をひとつ果たせず無念。
その代わりといっちゃなんですが、たくさん遊んでもらいました。

で、昨日読んだ負け犬の話をしたのですが、
面白がってくれるのをいいことにちょっとしゃべりすぎた。
失礼しました。見苦しいですね。
今後一切負け犬関連の話はしないことにしようと心に決めました。
聞いているほうが苦しかろう。

しかし自分、読んだ本にすぐ影響されてしまう。
頭の中で自分が何か考えるたびに、

「あ、これって負け犬根性」

とか思っている自分が.................好きです(どないやねん)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「負け犬の遠吠え」

結局、昨夜3時間で読み終わってしまいました。
「負け犬の遠吠え」

好きな点
■負け犬の定義がきっちりしている
■日本語の文章が素敵。口語を多用した"脱力日本語"と完璧な"丁寧日本語"とのバランスが絶妙。しばらく、ビジネス系書籍ばかり読んでいたので、この素敵な日本語にやられました。ツルツルと入る。

?な点
■筆者の立場は、負け犬でありながら同時に同類の負け犬の観察者である。ときどき、自分を揶揄しているのか周りを非難しているのかがわからなくなる箇所多数。もう少し境界をきっちり引いてくれたら...。
■個人的な見解ということはわかっていても、そこまで「コドモなんか絶対絶対ぜ~~~~ったいいらない!!!」と思う気持ちに共感できず。
■負け犬にもいろいろなタイプがあるだろうに、筆者の周りの"裕福な"負け犬だけを対象にしているような..。

ま、とりあえず売れた理由がわかった気がしました。

自分はこの本で定義されているタイプの負け犬に当てはまりまくり。
しかも、「既に負け犬になっちゃった人」だったので
暗澹たるキモチになったのも確かです。
30目前にして、なんでまた土曜の夜中にこんな本
読んでるんだろ...orz... と床につっぷしたくもなります。

しかしあてはまるにもほどがある。
すっごいなぁ。柱の陰から覗いてたのか?
そして最近「和」に興味があり
舞台を観るのが好きで
1回1万以上する舞台のチケットをバンバン買っている。
しかも行くのはお一人様で(笑)。
正真正銘の、まごうかたなき、真性負け犬ですね。

なんかこう、負け犬はツルむな!といわれても、
ツルむ相手が同類負け犬しかいなかったらツルんじゃうし、
いまさらどうにもねぇ...と思っているあたりは
既に「負け犬の殿堂」に入りつつあるのか。

まだ30なんて負け犬の中では青二才らしいので、
この後は「怖い」「汚い」「すさまじい」「うるさい」「前に前に」
の鬼婆負け犬にならないよう、気をつけるくらいしかない。

そして、この本は「メス負け犬」のカテゴリに分類されない人が
読んだらどう感じるんだろう?と不思議に思った。
というか、この本、メス負け犬以外の人も読んでいるんだろうか?
この部数は負け犬の数なんじゃないか?!
だってこれ、不特定多数を対象に

「私たち負け犬ってこんななんです許してキャンキャン」

というスタンスで書かれているように見えるが、実は、

「まー、(暇だから)いろいろ悩んじゃうかもしれないけど、アナタだけじゃないから」

という情報を同類負け犬に発信しているだけではないのだろうか...。
だって、共感できるメス負け犬以外には面白くもなんともない話ばかりだし。
オス負け犬、メスオス勝ち犬にとっては、メス負け犬の生態なんぞ、
心の底から興味ないと思う。
わかりますよ、そのキモチ。私が勝ち犬だったらまったく興味ないもん、多分。
でもね、人生の3時間くらいつかって、こういう人もいるんだくらいの感じで読んでみると
面白いんじゃないかなと思うんですけど、ね。(負け犬調)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

クローサー&負け犬

「クローサー」は、評判どおり、セリフばっかりの映画でした。
濃かった...。

期せずして前線を遠のいてから早数年、
恋愛にまつわる諸々の感情なんて
すーーーーっかり忘れていたのですが、
(それ問題^^;)
延々と続く痴話喧嘩を見ていたら、
ぼんやりと昔の感覚を思い出しました。

ジュード ロウ演じる新聞記者と
だれだかが演じる医者しか主要な男子はいないのですが、
これがそろいもそろって、なんつーかもう、
絶句するほどダメダメ(笑)。

特に新聞記者のほうは、
見た目が綺麗なだけに
ダメっぷりが際立っていました。
ある意味最高かも。ジュード ロウ、おぬしやるな。

あー、もう少しこの映画について語ることがあるような...。
でも何が言いたいのか自分でもよくわからない...。くー。
もう一度、ワインでも飲みながら DVD で観たいですね。

で、その帰りに古本屋に寄ったらば、

「負け犬の遠吠え」

が半額で売っているではありませんか。
もともと定価で買うつもりはなくて
ずっと古本屋で探していたのです。
まだ読み始めたばかりなので、
この感想は後日別途投稿予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりの都夏

約半年ぶりくらいで訪問。
夏の定番、狛江の野菜が充実し始めていて、これから足しげく通いそうな予感。
今日の生にんじん&水茄子、サイコーでした。

左から、
- にんじん(甘い種類のにんじん。うまー)、水茄子ハーフ(笑)、きゅうり
- いわし刺
- キャベツどっさり炒めハーフ(笑)
- あさりと特大ハマグリたっぷり酒蒸し
- 鯛のカブト焼き!
- 手羽先の黒酢すっぱ煮
- おしんこ盛り合わせ
05-06-18_19-1605-06-18_19-2505-06-18_19-2805-06-18_19-3705-06-18_19-12105-06-18_20-2005-06-18_20-491

プラス、お茶漬け半分こ。
ご馳走様でした。おなかいっぱい。
大満足。今日も美味しかったです^^。

おまけ。直立トイプー。
05-06-18_19-00
飼い主の方を無視して、いきなりカメラを向けてしまったことにちと反省。
なんというか、気持ちいいものじゃないことは十分わかりました。
またこんなことに遭遇したら、一言断ってからカメラを向けることにしようと心に決めたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 17, 2005

お風呂たまご

お風呂に入れられる、たまご型ライト。オータニでみつけ、Amazonにてゲット。衝動買いしたわりには直後から忙しくなってしまい、今日が使い初め^^。きれいだなあ。それだけなんですが。実用的でないモン買ったの数年ぶりかも。なんか新鮮。050617_2333.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

六本木土風炉にて

Owners 女子3名で秘密(?)会議。もうすぐ Owner ではなくなるのか…。やや脱力。自分の無力さ実感。
でも最良の選択肢にちがいない。アタマ切り替えていこう。050617_0841.jpg
050617_0842.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2005

CHICAGO にするか WWRY にするか...

ほぼ CHICAGO で決めていたのですが、昨日久しぶりに Queen 聴いたらやっぱりいきたくなってきた WWRY。

どうしよう。どうしよう~~!!

あと、The Winds of God 一緒に観にいく人もさがさねーと...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2005

銀座ママ麗子

こないだ、オススメされて買っちゃった本。

マーケティングは愛 銀座ママ麗子の成功の教えシリーズ

帯がいいですよね。ジャケ買いならぬ帯買い。
で、読みました。
つるつる読みました。
....ここに書けるようなこと、何も覚えてない....orz。

もう一度出直します。

麗子ママ、口調が完全にお蝶夫人。
そーかー、テニスで青春した後は、コンサルやって今は銀座のママになったのかぁ...。
と妄想は膨らむのでした。
この本の趣旨と違う....orz。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 13, 2005

歯医者

今日は、仕事を早めに切り上げて池袋にある歯医者に行ってきました。
2ヶ月に 1 度の定期健診です。

今の歯医者に通い始めてから早10年以上が経過しました。
特に便利な場所にあるわけではないのに通っているのは、かみ合わせの矯正をしているから。
歯って本当に大切よ、奥さん!
いまやっているかみ合わせの矯正はすごく対処療法的なものですが、私の場合はこれで腰痛から開放されました。ビバ!矯正!
しかしまー、戻れるものなら、中学生くらいに戻ってかみ合わせ全体的に直したい^^;。

以前、歯列矯正はオトナでもできるんですよね~と聞いてみたら、

キミの場合ねー、歯列矯正すると下の歯が前に飛び出るよー。
それがいやならアゴの骨を切って短くする必要があるんだな。
でもそれやると人相が変わるでしょ?やじゃない?
でもそれでもやるんだったらいい整形外科のお医者さん紹介するよ。

といわれた。
それでも、アゴの骨切れば顔小さくなるじゃん!ウキウキ!と思っていっぺん医者に行ってみたんですよ、えぇ。
顔でかいのコンプレックスだったので。

そしたら、

手術の前後、3年はギプスみたいな器具を顔にはめます。
それから、手術の後、普通にモノが食べられるようになるまで1ヶ月ですね。

みたいなことを言われ、あえなく挫折(あと、お金もないしね^^;)。
たしか20歳くらいのころだったろうか...。
中学くらいの右も左もわからん女子のころにやっておけば...と悔やみましたね。
でもまー、今は別にいいやーとなっているから不思議です。
こんなもんなんですかね。

ぜんぜん関係ないけど、同僚 M さんが先週私に彼氏ができた夢を見たそうで。以下再現。

ねーねー、オグちゃんに彼氏ができた夢見たの~~!
でさー、「えー、いーないーな、誰~~!?」って聞いたらさあ、歯医者さんだっていうのよ~!
コレって正夢~?!
オグちゃんの歯医者さんってどんな人ぉ~~??(原文ママ)

いいなぁ、彼氏ができる夢。
私が見たいっす^^;。
それにしても歯医者さんて...????
私の歯医者さんは、50代くらいのまごうかたなきオッサンです...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明け方

親に起こされて、目が覚めたら夕方の四時半過ぎ……という夢を見た。やたらリアルで、ホントに目が覚めた後もしばし時計を見つめてボー然。いやー、夢の中の自分、大慌てでパソコンつけてメッセンジャーにログインしてた。それよりまず電話しろよ(笑)。なぜかディスプレイが10インチくらいしかないし、机の上もごちゃごちゃだし、なんかもー、焦ったー!
ズームイン朝を見てようやく安心(夢うつつ)。夢のおかげで目覚ましの時間より早く起きたけど、今頃になってまた眠くなってきた…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2005

しばらく

肉断ちしてみようかなぁと思う本日。
なんだか、肉肉したものばかり食べていたら血の気が多くなったような気が。

気のせいかもしれませんがね。
うーむ。
でもこれがなかなか難しいのだな...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

容量が...

調子に乗って写真をガンガン掲載していたら、容量が足りなくなってきました。
ゆくゆくは Ya●oo! に全面的に鞍替えするかも。

というわけで、お庭関連写真は今後こちらにアップしてみます。
もぐおぐ@Yahoo!

っていうかーー、Yahoo! の Blog、画像のアップロードがめちゃめちゃ楽!!

あーびつくりした。
nifty はデザインがかわいいけど、使い勝手がいまいちだねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寿ラッシュ

今年は、友人が続々と結婚しています。

中学時代の友人 x 2
高校時代の友人 x 1
大学時代の友人 x 3

ぜんぶ式から行くわけではありませんが、それにしてもすごい数ですなぁ。

自分としては焦るキモチは不思議なくらいまったくないのですが、なんだかこう、アレですね、周りの人のほうが「あせるでしょう?あなたも早くねぇ...なんでかしらねぇ...」みたいな感じなんですよね。腫れ物に触るように気を遣ってくれたりする(笑)。そうねぇ、早くねぇ、なんでかしらねぇ...。私も知りたい。

というわけで、昨日は大学時代の友人が結婚するとのことで二次会に行ってきました。
久々にサークルの同期が集まって、わいわいと。

なんだか、大学の同期というのは幼馴染みたいな感じがしますね。
二次会の後でまた店を変えて10人くらいで飲んだのですが、店も頼むものも当然のごとく学生時代とはまったく異なっていて、みんなでしみじみとオトナになったことを実感したのでした。

めったに飲まないウィスキーなんぞを。ボウモア12年、美味しかったです。たまにはいいものですね。軽いおつまみを頼んだのですが、その中のいぶりがっこのチーズサンドがなかなかヒットでした。

その後、帰りの方向が一緒だった男子1名と新宿で途中下車。
さらに飲んでしまいました。
電車の中で彼が We Will Rock You を観にいく、とちらりと言ったことから、Queen のはなしで盛り上がりました。変なの(笑)。
その子、月曜からワイハに一週間旅行だそうです。
ひたすらうらやますぃ。
新宿では、コマ劇のフレディ像を見物しに行き、TOPS (新宿のバーってここしか知らない^^;)でまたダラダラ飲んで、結局タクシーで帰りました。

そして今日起きてみたら1時半で激しく驚きました。
やはり飲みすぎたか。

肝臓やられて飲めない、という男子がいたりしたので、気をつけないといけませんね。
でも彼は1日にウィスキーボトル1本空けてた、というからケタが違いますが^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2005

ゆすらうめ

人のふんどしで相撲とりまくってます。
本日の取り組みはゆすらうめ
漢字では桜桃と書き(でも IME では変換ならず)、中国原産ばら科さくら属だそうです。

しかしまぁ、葉と実が日の光に透けちゃって...ウチの庭とは思えぬこの光景。
ちとピンボケなのはご愛嬌。
収穫前、収穫後の写真です。

CIMG0829CIMG0830CIMG0831

ふたつぶ食べてみました。
あまずっぱくて、なんだかこうキャピキャピした味とでもいいましょうか(知るか!)。
種の形状はまさしく梅ざんす。
ジャムにしたら美味しいだろう味わいですが、この種がいかんともしがたいですな。
ググってみたところ、果実酒にされている方もいました。
おいしそー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2005

四谷 北島亭 惨敗

負けた...。完全に作戦負けです。

パッタイのあと、それほどお腹がすいていないことを自覚しつつ R とともに念願の北島亭へ。二人とも行ってみたかったレストランなので、わくわくです。ものすごい雷雨もものともせず。

敗因1。こんなときに限って、というかなんというか、アミューズがピザです。
美味しいんだけど、既に泣きそう。
CIMG0810_CarteCIMG0811_Amuze

敗因2。二人とも、お任せ3品コースにしてしまいました。アラカルトで量を調節すればよかった、というのは次の日になってからの後知恵です。

前菜の雲丹のコンソメゼリーよせ。3連発(食べたのは1つです^^;)。
みなさまもお腹いっぱいお楽しみください。
個人的に、雲丹に思い入れはありませんが、この雲丹はあまく繊細でほんわりと口の中に濃厚な香りが広がって、磯の香りというより、なんだかお菓子でも食べているような気分になってしまいました。
CIMG0812_ouirsins1CIMG0814_ouirsins3CIMG0816_Ouirsins5

おさかな。金目鯛のポワレです。
巨大。大きさをお伝えできないのがつらいです。15x10cm 四方。
皮だけにコンソメっぽい味付けがついてカリカリに焼かれており、身は劇的にやわらかい。ふんわーー。

CIMG0819_Poissons


肉!!みたいな。
豚はあまり好みではありませんでした。付け合せが異常に美味しい。

CIMG0820_Viande

肉を残している私たち二人を見て、サービスの方が「デザート軽くしましょうか?」。
で来たのがこれ。ブランマンジェー。

CIMG0824_BlancManger

死ぬほどお腹いっぱいなのに、美味しいもんだからあっというまに完食。
普段、ブランマンジェーを美味しいと思ったことがあまりなかったのですが、これはあっさりしていてすごく好み。

しかし目がかすんできました。
エスプレッソで意識を保ちつつ、最後のお茶菓子完食。黄色いのは、ほおずきのシロップ煮です。
ほおずきがこんなにすっぱいなんて知らなかった。初めての味。美味しい。美味しすぎるよママン!!

CIMG0826_Fruits

お会計を頼んだところで、なんとブレーカーが落ちた、というか漏電らしく、なかなかつかない。

暗い、腹いっぱい、=>眠い

R も私も、無言で睡魔と闘いつつ、なんとかお会計をすませ、外へ。

なんと、ふらついてる!

お腹がいっぱいになりすぎてふらつくなんて生まれてはじめての体験でした。
メインを別のもの食べたいし、こんなにポーションが大きいならもう少し作戦を練ってからいかないといけない気がします。つか、付け合せの野菜おいしすぎ。
リベンジを誓った夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

町田 パッタイ=>H 宅

友人 H (双子の母) および常連 R と町田でランチ。
ブラブラさまよっていたときにたまたま目に入った店なのですが、メニューを見て目を白黒させてしまいました。
見たことない&魅力的なメニューばかり!
今後はタイ料理食べたくなったらいざ町田へ。

定番ソムタム、ゆで野菜のタイ風肉みそ添え、ハーブ入り自家製ソーセージ(油脂少なく、あっさりさっぱりで絶品)、カリカリレモングラス添え鳥から(レモングラス素敵)、ココナッツアイス(ねっとり系)

CIMG0790CIMG0791CIMG0792CIMG0794CIMG0795ほんとはアイスの前にチャーハンも食べました^^;。

その後、H 宅にお邪魔して、二足歩行を始めたばかりの双子(男女)に久々の再会。
二人とも警戒警報発令で、H (ママ)にべっとり(べったりでなく)くっついて離れようとしませんでした。

こんなに愛されたの初めて♪

という H の言葉、既にお約束化しています。
定番のネタとして今後しばらく生き続けることでしょう。

警戒警報を徐々に解いてきた双子たちは、最後のころにはトマト(作り物)を「ハイ」と手渡してくれるようになりました(でも抱っこしたら嫌がられたけど)。

こないだ保育器の中に入ってるのを見たばかりなのに、もう二足歩行。
早いなぁ。

顔も手も、足の裏さえも、ぷにぷにのぷりぷりで、嫌がられながらもほっぺぷにぷにしてしまいました。
ごめんよー。赤ハラで訴えないでくれー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美味しいって何だろう

個人的な理由で、少し更新をお休みしました。
このまま閉じてしまうことも考えたのですが、お休みして初めて「更新しないムズムズ感」が襲ってきて、やはり再開することに決めました。

内容は相変わらず、「どこ行って何食べた」です。
お料理の写真がメインで、オグの感想は適宜。
ゆるゆるとお付き合いくださいませ。

美味しいってなんなんでしょうね。
美味しいお店ってなんなんでしょう。

プロの仕事なんだから、大概のお店は美味しいですよね。
でも、その日の体調や、一緒に行く人、お天気も関係するでしょう。
自分の気持ちも体調に入るでしょう。

私の場合、美味しい!と感じるとだれかれかまわず(つくりてだけでなく、同行者、やおよろずのかみがみまで^^;)感謝したいキモチになります。逆に、納得いかん...と感じると、暴れたくなります。
あんまりありませんけどね、最近。
それから、暴れたくなるほどでなくても、口直ししたい...と思うことはしばしばあります。

いつまでも「暴れたくな」るのも大人気ないし、口直しばかりしていると体重天井知らずということもわかっているので、また暴れたい/口直ししたいようなことがあったら、もぐおぐで「暴れたくなった/口直ししたくなった原因の分析」をできる範囲でしてみたいなと思います。

とかなんとか、せっかくの休みの日に何をダラダラ書いてんでしょうね。
こんなことでもしている間に、洗濯の一つもしちゃえばよかった。ちっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main