« 行きたいお店リスト as of 2004/04/30 | Main | たけのこ御飯 »

May 01, 2005

ホテル ニューオータニ & 紀尾井町スペインバル再訪

CIMG0561_Rose1
ホテルニューオータニに宿泊。二人で\40,000以内ということ、お庭がスゴイということで、選択の際はあまり深く考えず。ガタイが大きいだけのホテルかと思っていた節がありましたが、来てしまえばそんな先入観はどこかへ吹っ飛びました。CIMG0566_ViewFromRoom

チェックイン後、まずは近くにある日枝神社にお参り。ちょうど藤の花が満開で、風情たっぷりです。着物の柄や、日本画、焼き物の柄としてはよく見るのですが、花そのものを実際に見る機会があまりない気がして、けっこう感動しました。久しぶりに来たらつきじ植村の喫茶ができていたので、クリームあんみつを食しました。ので、って接続詞が変ですが^^;。
CIMG0568_HieShrine2CIMG0569_HieShrine3_Fuji1CIMG0570_HieShrine4_Fuji2CIMG0572_UemuraAnmitsu
その後はホテルに戻り、館内をぶらぶら。そして、ちょうど 5/1 までだったイベント、TOKYO 夜景イベント へ。
このイベント、昨年から始まったそうですが、1フロア丸々開放して夜景を見せてくれるのです。日の入り直前に行き、沈む夕日、東京タワーに灯りがともる光景、新宿の高層ビル群が夜空にぼんやりと浮かぶ光景をボケーっと眺める。しかも、そこがスイートルームとかなんですよこれがまた。ゼイタク極まりないイベントだなぁと思いながら、来年も来たいと思っている自分^^;。東京タワーを見るのが異常に好きなのですが、ここニューオータニから眺める東京タワーは大きさも程よく、いつまで見ていても飽きませんでした。ちょっとクセになりそうな感じです...という人を対象に、その後お部屋指定の宿泊プランもあるそうです。まあ商売上手。
CIMG0574_TokyoSunset1CIMG0577_OsakaCastleAndPalaceCIMG0581_AkasakaTokyoTower3CIMG0584_AkasakaTokyoTower6

夕食はホテルで取らず、すぐお隣の紀尾井町スペインバルへ。そういえば、ホテルを決めるときに、「あ、スペインバル近いじゃん!」と思ったのもポイントでしたね。忘れてた。ここのハモンイベリコはホントに絶品なのです。店に向かう途中でトゥール ダルジャンの前でメニューをチェックしたところ、前菜の一つに「イベリコ産生ハムのグリッシーニ巻き」とかいうものを見つけ、「これから山盛り食べに行くもんねー」とちょっと嬉しくなったのでした。

我が「腹」心の友 R も加わり、山盛りのハモンイベリコやピクルス、パエリヤ、海老とにんにくの土鍋料理(?)などを食べ、その日一日暑かったのでよく冷えた白ワインがぐいぐい進んでしまうのでした。美味しかったね^^。
CIMG0591_SpainBal1
なぜか今晩の写真はピクルスだけ^^;。

その後、一人でホテルのバーへ。きゃーかっこいい。っていうか、部屋でタバコを吸いたくなかっただけなのですね。ちなみに、土曜だったせいか、周りの席はすべて老若のカップルでした。ガラにもなく甘いカクテルなんぞを飲み、再び大好きな東京タワーを眺め、なんとなく手帳に日記などをつけているうちにあっというまに1時間以上が経過してしまいました。

朝ごはんは標高の高いところで、と思い、洋食びゅっふぇを選択。食べ放題なんて久しぶりで、しかもこれがまた美味しいのです。一番気に入ったのはグラハム粉で作ったクロワッサン。あまりにも気に入ったのでお土産にも買ってしまいました。果物も美味しいし、サラダもよろしい。コーヒーはまあ仕方ないですがね。やー、このレベルが普通なのならば、都内のホテルってみんな大変だろうなぁといらぬ心配なぞしながら、また鯨か馬みたいに食べてしまいました。あーおなかいっぱい。
CIMG0595_BreakFast

その後、山あり谷ありの日本庭園を散策し、友人 I が結納を執り行ったお店?!とか思いながら庭の中に立つ各種料亭を眺め、人が近づくとバクバク口を開けながらうじゃうじゃ寄ってくる鯉にビビり、そびえるニューオータニ タワー館を満足げに見つめているかのように立つ大谷翁の銅像を眺め、サツキの刈り方に文句をつけているうち、あっというまにチェックアウトの時間に。なんとまぁ。
CIMG0596_Garden1CIMG0597_Garden2CIMG0598_Carp1

チェックアウト後、赤坂の氷川神社にお参り。いつもと様子が違ったので、お参りしたところにちょうど通りかかった神主さんにたずねると、1日ということで神殿の内部を公開しているとのこと。神殿に上がっていいですよ、といわれてノソノソ上がると、天井にすばらしい花鳥画が!!!天井が50センチ四方くらいのマスに分かれていて、そのたくさんあるマス1つ1つに花と鳥が一種類ずつ描かれているのです。椿、あやめ、桜、百合、鶏、ツバメ、鷺...。都の重要文化財に指定されており、昨年この天井画の修復をしたそうです。ええもん見たーと興奮しつつ、家路につきました。帰宅にかかった時間はわずか40分程度。遠くに旅行するより、手軽にリフレッシュできるという利点が本当によくわかりました。


初めての都内ホテル滞在で採点が甘くなっているのか、TOKYO YAKEI EVENT のせいか^^;。都内のホテル、個人的にブーム到来。ってか、この Blog 長っ!!
おみやげのパンたち

|

« 行きたいお店リスト as of 2004/04/30 | Main | たけのこ御飯 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72375/3935913

Listed below are links to weblogs that reference ホテル ニューオータニ & 紀尾井町スペインバル再訪:

» ニューオータニ [ホテル−ニューオータニ−]
ニューオータニ株式会社ニューオータニ(''New Otani Co.,Ltd.'')とは、東京都千代田区紀尾井町に本社を構えるチェーンホテルである。紀尾井町のホテルニューオータニは森村誠一の小説で映画化もされた「人間の証明」の舞台となったことでも知られる。最上部の"回る展... [Read More]

Tracked on May 16, 2005 at 01:28 AM

« 行きたいお店リスト as of 2004/04/30 | Main | たけのこ御飯 »